おひがんに

廿日が彼岸の入りじゃってからに
明日はお彼岸の中日じゃげな。

毎年秋彼岸のころになると
でぶにぃがよく話していたしんみり話
を思い出す。
b0277115_19162718.jpg

真宗学の偉い学者先生のお一人に
大原和上さまがおられる。

お若いごろは、R大学の時の教授であられて、
でぶも教室の隅の方でその学びを受けたらしい。

その和上さまのお母ぎみのお話だ。
和上さま、母ぎみ、お二方ともに亡くなられている。

うろ覚えで、定かではないのだが
先生と下にあともうお一人息子がおられたが、
戦争に行き、
若くしてかけがえのない命をなくされたと。

むろん先生もショックを受けられたのだが、
御母堂の哀しみの深さは、
いかほどのものであるかは・・・
おそらく
こちらではうかがい知ることはできないであろう。

戦争が終わり、世の中も落ち着いてきたごろ
先生も大学に戻られ、
実家の書斎で勉強をされていると
母ぎみが合間にお茶を入れてくださり

その時決まってお話しされることがある。



「お隣のおうちには、三人も息子があるのよ。
その三人息子全部戦争に行かれたって。
それが、あなた。戦争に行った三人息子全員
無事に戻ってきたんですって。」

「そりゃ、結構なことじゃないですか。お母さん。」

「何が結構なもんですか。三人も行って、
三人が全員無事に戻ってくるなんて!
うちの子はたった一人しか行っていないのに、
それが死んでしまって。
お隣の三人のうち一人でもあの子と代わって
死んでくれたらよかったのに(-公-、)」


と、愚痴をこぼされるのだそうだ。
先生は、「ひどいことを言うな」と思われたが、
母親の哀しみがそれほど深いのだろうと、
余計なことを言うまいと黙って聞いておられた。

が、しかし、
毎日のようにしかも、「お茶」と言うては、
1日の内に何度も繰り返し巻き返し聞かされると、
腹立たしく思われるようになった。
b0277115_19185990.jpg

そんな日々がどれぐらい続いたのか(覚えていないのだが、)
数年としておく。

先生も、
「いつかは母に言うてやらなければならない」
と思っておられた。

いつものように書斎で勉強していたある日、
いつものように、母ぎみがお茶を持ってきてくださった。
そしていつものようにあの愚痴が始まった。

「今だ」と、先生は思い、
母ぎみの言葉を遮るように
「お母さん、いい加減にしてください。
そりゃ、自分の息子が死んで哀しいのは分かりますよ。
でも、お隣の身になってごらんなさい。
三人いれば
どの子もひとり子のようにかわいいんですよ。
一人かけても哀しいに決まっているじゃないですか。
そんなことを言うてはいけませんよ」と、諭すように仰った。

すると母ぎみは、目にいっぱいの涙をためて
そうして、顔を手で覆い隠し
部屋を出て行かれた。

その日を境に母ぎみは、
あのお決まりの愚痴をおっしゃらなくなった。

一切。

亡くなられるその日まで。。


そして

母ぎみも亡くなられ、
先生も和上になられてから何年も経ち
実家に帰ってご両親の墓前へ参られると、

「あれっきり愚痴も言わんようになって、言いすぎたな」
と、当時を思い出される。

「もうあの愚痴も聞かれんのだな」
「今となっては、有難かったな」


と、寂しさもおぼえた和上さまが、しんみりと詠まれたお歌。




ふるさとに

かへりてみても

愚痴言わぬ

石碑のこりて

秋の風ふく





初秋のしんみり話。。

b0277115_19195624.jpg


わしも、久しぶりに聞きとぅなったのぅ、
じーさんが言うつまらんダジャレ・・・・なんちて。



会いたいわ、、じーさん(-公-、)
[PR]
by gu-chiru | 2013-09-22 19:25 | ありがたくてぽろり | Comments(2)
Commented by shinwoyorokobu73 at 2013-09-23 17:56
め、目から水が・・・・・
久しぶりに実家に帰って私も母と
和上さまと同じようなことがありました。

母は子を亡くしたわけではなく違ったことでですけど、

私も言うてしまった・・・・・母に・・・・・・
(なんでちるさまは知ったような話を、
 とびっくりしました。)

愚痴らなくなるやろうか・・・・・

                   なんまんだぶ

Commented by gu-chiru at 2013-09-27 14:53
信を喜ぶ坊守ちゃん
ご、ごめん<(_ _)>
レスが超遅ぅなってからに・・・
=( =`д´= ;)⇒

一昨日、昨日と、
秋彼岸法座で、
今日はサロンじゃったんよ。
ええご縁じゃったゎ^^

で、
あ、ほうなんね。。

親子いうて、きれいごとで済まされんとこあるよね。。

大きい声で言えんが、、
ほんま、わしも・・・
里の母親が〇〇いんよね=( =`д´= ;)⇒(笑)
で、
愚痴るのは、治らんじゃろぅのぅ。。
みんな
多かれ少なかれ
鬼子母神じゃもんのぅ^^
かくいうこのわしも、
「わが子さえよけりゃぇぇ」的な
そういうとこあるけのぅ。。

愚痴るんよの、
なんでうちの子だけ
できんのんきゃぁのぅ・・・と。

「阿弥陀ちゃんが見とって」じゃ
言うの忘れてからに、
いっつも
愚痴ったり、
憎んだり、ねたんだり・・・
キリがねぇゎのぅ(-公-、)