<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

前記事、また、前々記事を書いて、
畏れ多くも大先生に読んでいただいたところ
ご指摘をいただいた。

この記事には2個の間違いがあり、

謙虚については、5位ではなく

「謙虚大会の広島県予選で準決勝まで勝ち進み4位になったことがあります」

じゃげな(;´д` )コ、コマカイシ・・・ドーデモエエンデスケド
賞状まであるんじゃと。。=( =`д´= ;)⇒

b0277115_16043485.jpg


へぇでからに、

謝したかどうかということに関しては

「ぼきぼきっ!!」をやって入院して直ちに謝したげな^m^

へぇで、

流石大先生じゃ!!
書までかいたげな=( =`д´= ;)⇒

b0277115_16045290.jpg


痛ぅて、うんうん唸りよったのに、すげぇゎ=( =`д´= ;)⇒
しかも、病室で!!すげぇゎ!!

大感心じゃ=( =`д´= ;)⇒


で、
病室でうんこもらしたんじゃ(● ´艸`)ププッ
便所に間に合わんかったんじゃ(● ´艸`)ププッ

大先生は、

「間違えとるで」と言うて、

この2枚の画像をご丁寧に、送ってくださいますた。

大先生手羽・・・細かいのぅ・・・

ここに来て下さる極々僅かの皆々様へ・・・

すみま千円<(_ _)>

訂正とお詫びを申し上げます<(_ _)>
[PR]
で、
携帯出てみると

「あ、ちるちゃぁん( ̄▽ ̄)」
声を聞いただけで、いっぺんでへべれけじゃ
いうのが分かるほどへべれけのらり声じゃった(;一_一)


「あ、昨日はありがとな。ちづんところへ行ってくれたんじゃろ?
ちづも喜んどったゎ」
坊守のちづさん、体調崩して入院されたので前日見舞いに行ったのである。
酔うとってへべれけでも、お礼まで言うてくれる偉い先生である。(;一_一)

「あ、ごめんな、今まであべしんきとたにかわこうけんと呑んどったんだぁ( ̄▽ ̄)」
もうここまできたららり顔まで浮かんでくるゎ(;一_一)
「あべしんきとたにかわこうけん」と言うのは
大先生とは、また違うて偉い伝道院の先生仲間なのである。

で、
もうすぐ始まるで、大先生の大もの言い・・・(;一_一)
と、半ばわくわく感にも似た感情で待ちよったのだが・・・
が、すかす
へべれけじゃが、声が震えとるし、なんか歩いとるようにも聞こえる。
「今どこにおるん?外じゃろ?声が寒げなでぇ?」
と、問うと、

「分かるぅ?今むしろを敷いて座ってんだ( ̄-  ̄ )
で、前にお椀置いとったら何故か皆が10円入れてくれるんだ。100円の人もいるケド。」
「えぇっ=( =`д´= ;)⇒皿は回しとらんのん?」
「あ、えぇこと聞いてくれた。さすがちるちゃん!!足で回しとんよ( ̄-  ̄ )」
・・・
これは、適当に流してと( ̄-  ̄ )。。

「で、今から聞法会館に泊まるん?」
「何言ってんだい?おれが屋根のあるところに寝れると思ってんの?ばか言うんじゃないよっ!!
橋の下にむしろを引いてくるまって寝るんだい( ̄-  ̄ )」
・・・・・・

みたげになんちゃらかんちゃら意味のないことを言うて、
ひとしきり大先生の大もの言いを聞かされ、
「ほんまにちづさんがよぅなったら、またやろぅや、快気祝い・・・」
と、宥めりゃ、
「ありがとな、やろぅやろぅ!!」
と、タコは・・・あ、いやもとい
大先生は、おとなしく電話をぶちっと切った。
話すこと30分ぐらいじゃったと思う。

b0277115_05521210.jpg

恐らく、その後にコトは起こったらしい。
その後、大先生はへべれけ状態にもかかわらず無謀にも、風呂ぇ入ったんじゃげな。
で、風呂場のどこでどのように何をしとってどうなったのか知らんが、とにかくコケたらすぃ。。
(;一_一)アキレハテ・・・
その時にどっちの足か知らんが、脛の骨2本をぼきっ!
     ↑  ↑
 聞いたが忘れた(;一_一)
痛いっ!痛いっ!!大先生は、そう思うが、
夜中に大騒ぎしてもかっちょ悪いので
ここはひとまず我慢して寝床に入るも痛ぅて寝られん。
「こりゃ、酷くひねったもんじゃ、絶対捻挫しとるに違いない」
と、思いながらうつうつと時が経つが
b0277115_05533448.jpg

痛みは一向にひかずとうとう朝になり、我慢も限界を超え
部屋に設置してある電話の場所に行くこともできんぐらい痛かってからに
携帯でフロントに
「かくかくしかじかで足が痛いんですがちょっと見に来てください」
と、言うてすぐにすっぽんぽんの体に痛い足のまま苦労して寝巻を着たげな。

程なくしてフロントの人が駆けつけてくれ、
救急車で京都市内の病院に搬送された・・・

が、すかす
大先生の足を色々いろいろイロイロ調べたら
捻挫ではなく、骨折じゃったげな。
・・・・・・
と、いういきさつの事件であった。


で、どこがひと味違うわしの初笑いかといふと・・・

b0277115_05450376.jpg

その説明に入る前にこの御文を見ていただきたい。

如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳は
骨をくだきても 謝すべし

でへへへぇ~_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!
この句を書きよる今でさえも笑いをこらえきれん_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!
あ、いや・・・
この御文が笑いなのではない
この御文は恩徳讃と言うて
親鸞ちゃんが、阿弥陀ちゃんやら法然ちゃんやらのお徳に対して
身を粉にしても、報い、
骨をくだいても感謝せんといけんわ・・・
と、ご自分に対して言い聞かせとる
厳しい御文なんじゃが。。

話が前後して申し訳ないが
大先生は、ご本山の御正忌法座の最中の
1月13日に、この恩徳讃の中の一節
「骨をくだきても 謝すべし」
という部分を講題に、お説教なさったげな。。

で、2週間後・・・・
聞法会館の風呂場で・・・

足の骨2本も、ぼきぼきっ!!
=( =`д´= ;)⇒

でぶもわしも最初は、心配しよったが、
この最後のとどめを聞いて

_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!
_( ̄▼ ̄)ノ彡☆ばんばん!
せずにゃおれんかった。

やっぱ大先生は、ただの大もの言いではなかった。
実行に移すとはっ!!
有言実行・・・すげぇゎ!!=( =`д´= ;)⇒
しかも、多くの人らぁに、大迷惑かけてからに!!

じゃがすかす( ̄-  ̄ )
最後の「謝すべし」
大先生は、
ほんまに謝したんきゃぁのぅ(;一_一)
ちづさんやらみなさんに・・・
謝さんといけんで、

のぅ!!
大先生!!


ちる寺のにゃがいにゃがい初笑いの記ですた。。
公共の電波を使うて、
すんませんでした<(_ _)>
こげに長々と
b0277115_17285515.jpg


[PR]
桜の開花予報も真っ盛りの今頃…
はぁ、ぼぅ4月でぇ=( =`д´= ;)⇒
なのに、
初笑いもないが
今年の初笑いは、ひと味違うとった。
凡人のわしやでぶにぃのそれとは、
あまりにもけたが違いすぎる笑いじゃけ、
ご本人の大先生さまに了承を得て、ここに載せてみる( ̄-  ̄ )
で、「其の弐」としたのは、
「其の壱」があるということなのだが、
それを表ブログの方に試みた。

が、すかす・・・

やめた( ̄-  ̄ )
書くにゃ書いたが、
色々イロイロいろいろ
考えよったら、アップするのが
大義ぅなってしもうてからに(-公-、)
気まぐれじゃろ?我ままじゃろ(^^ゞ

b0277115_05460114.jpg

じゃけ、
ここでの「本年のわしの初笑い」の記事を「其の弐」とする。
話をあちこちして、すまんこってす<(_ _)>

大先生は、ご本山でも何度も布教をなさったことがある偉いご講師さんである。
偉いいうても普通の偉さとは違う。
ご本山の布教使さんの専門学校みたげな
伝道院という学校の講師も
ご本山から任命されている
「ど」がつく偉い先生なのである。

ご本山のHPによると、伝道院とは
「積極的に伝道活動を志すものを対象に100日間の研修を行い、実践力ある布教使を養成する」
と、ある。
大先生は、優れた布教使を育てるために、伝道院で100日間指導に励んでおられるわけだ。

その合間にも全国の寺を津々浦々と布教にあるいておられ、
自坊には殆どおることがない。
今日は、おるんか・・・
と、思えば「布教合宿」とか言うては
我教え子を集めて、説教の研修みたげなことをしておられる。
この合宿がまた、キツイげな=( =`д´= ;)⇒

じゃけ、自坊での法務などは一切 坊守のちづさんが、その責務を負わされる。
葬式やなんかも参るんでぇ~、ちづさんは(;一_一)
ほんま、大先生んちの坊守もやれんでよぉ(;´д` )

で、大先生が凄ぅて偉いのは、自他が認める「くぇんきょ」なお方だからである。
「くぇんきょ」というのは謙虚のもっとその奥深い「謙虚さ」のことなのだそうだ。

全国謙虚さ選手権大会の第五位
・・・と、自分で吹いて回っとる(;一_一)カ、カナリイミワカラン
「他」が認めて言うんならわしも納得するが、
「自ら」が言うて回るんじゃけ、
相当くぇんきょじゃ。

で、コトが起こったのは、伝道院の指導期間ちぅであった。
忘れもせん、2月2日の晩であった。
なんで「忘れん」か言うたらたら、
わしもその日京都に行っとったけじゃ^m^
正確に言うと、1日から行っとった。

なんで「京都に行っとった」か言うたら、
ちる寺のお内陣に安置してある
親鸞ちゃんのご絵像が、
300年前のもので、
ぼうね、
ぼろぼろになっとった。
じゃけ、親鸞ちゃんに新しいご絵像さまにすかってもらおういうことになって、
ご本山に下付していただくために
でぶと二人上山したわけである。

一仕事済んだその日の晩は、でぶの大学時代の友人ご夫妻を呼び出し再会することができた。
昔話に花が咲き、プチ同窓会となった。

盛り上がりの一晩を京都で過ごし、次の日は、でぶが大学時代に巡った寺やら名所をかたっぱしから見て歩こう
と、いうことになり、二人で廻った。

中国人だらけの稲荷山
b0277115_05453228.jpg



龍谷大学大宮キャンパス、同じく深草キャンパス、
その近くにあるなんちゃら言う墓苑、
b0277115_05442993.jpg


法然院、
b0277115_05530989.jpg


その近くにあるよぉけの寺やら東福寺・・・
b0277115_05480799.jpg

どっこもみな、趣きのある寺ばっかしじゃった(゜▽゜人)
が、すかす・・・
「勢い」言うもんは、必ず尻すぼむということは世の理であるが、
でぶとわしじゃけ、漏れなく当たりであった。
ぼぉ・・・
くたぶれ果てて・・・
息切れしだしてからに・・・
予定しておった寺は全部見て回ったが、
殆ど覚えてねぇゎ(;´д` )

東福寺の便所だきゃ、こげなかった

b0277115_05472181.jpg


よぉけの穴が並んどるじゃろ?
あれが便所なんよ^m^
こげなところで坊さんらぁは、用を足したんじゃと
これも修行なりか?=( =`д´= ;)⇒
ご、ご苦労がしのばれる(-公-、)

で、くたぶれ果てて、その晩は大阪におるS子一家に京都まで出てきてもろぅて
たけちゃんやら、くそ孫のすぅかんいよぴーらぁと懇親会。
くたぶれた・・・
と、言いながらよぉけ飲んで食べたゎ^m^
宴もたけなわとなり一行は一路S子んがたのマンションへと。
やれ一風呂浴びよか・・・と言うときに

「ぴぽっぴっぴっぽ♪ぴぽっぺっぽぴぷっ♪」
わしのガラケーが鳴り出した(;一_一)
誰じゃいっ!こげな時に!!
夜の10時半ごろじゃったと思うが、
見りゃ、大先生からじゃった=( =`д´= ;)⇒

こっからいよいよ本題に入るわけじゃが・・・
我ながらにゃがい導入じゃわいな(;一_一)
感心通り越してくたぶれるゎ(;一_一)
凝りもせずようやるゎ(;一_一)
(;´д` )(;´д` )(;´д` )

これより先は後編へと続きます。
すんません、いつも長文で<(_ _)>

では
後ほど<(_ _)>

[PR]