わしん寺
浄土真宗本願寺派
備後教区
世羅組
正満寺
のブログ
「大好き阿弥陀ちゃん」
を、ここに開設することに決めた。

2年前の当初は、寺のHPを作るつもりであったが、
えっと迷うた挙句、
HPではなく、
ブログを開設することに決めた。

既存のブログがあるにも関わらず、
今更寺のブログもないだろうとか、
1つでも書けん状態なのに
2つもブログを持って、
やっていけるんじゃろうかとか
色々いろいろイロイロ迷うた。
この平成24年3月に2回目の脳出血で入院をし、
健康にも自信がのぅなって、
この先いつまで生きられるか分からんし、
生き延びるかも分からん。
じゃけぇこそ、今しかねぇとも思う。
加えて、
今年、平成24年4月30日
住職でぶにぃの地道な研究…かどうかは、分からぬが
残された資料や過去帳が少ない中、
3年間の苦労が実り、やっと「正満寺史」が、出来上がった。

でぶにぃも「わかりやすいええ本になった」と満足している。

わしも少しばかりではあるが、お手伝いさせて貰ぅた。

最初、でぶにぃが文章を書いて、それをわしがタイピングして、
それからでぶが体裁を整えて、またタイピングして…
と、いう作業を繰り返した。

それから、総代さんやら、歴史家のくらはし先生やら、
学識経験のあるお方々やらに色々見てもろぅて
それから出版社にゲラ刷りをしてもらう。。

そんな作業をしているうちに、
何をするにしてもそうなのではあるが、
一つの寺を開基するということは大変なことなんじゃぁ
で、それが続いていくということは、もっと凄いんじゃぁ
と、感動せずにはおられんかった。

正満寺の人々が
ここに住み
ここで日々を過ごし
色々なことに遭遇し
ここで泣き笑いのさまざまなドラマが繰り広げられてきて
今に至り
それをでぶにぃの文章でわしが垣間見ることができ、
正満寺の人々のさまざまな思いが伝わってきた。・・・

やっぱ、虫がおきた。
書かずにゃおれん…と、いう虫(;一_一)

寺が続いてきたようには続かんし深いものにはならんだろうが
とにかく、書くことにする。
わしなりの「正満寺史」。

カテゴリの「ものがたり」に書くことにした。

で、ついでに
行事のあれこれは「おまつり」
日々の出来事は「凡(ただ)」
感動したことやらなんかは「ありがたくてぽろり」に書く。

もひとつついでに
名前は、
何をやってもハンパでつまらん愚かなわし。
で、いっつもぶつぶつ言うとる愚痴だらけの人生のちる
と、いうことで、愚痴る=ぐちる gu-chiru
URLの「chiruja」は、
広島弁の「じゃ」と
お正信偈の中の一節にある
「邪見驕慢悪衆生(じゃけんきょうまんあくしゅじょう)」
の「邪」を統合し、
「よこしまなこころや悪いこころのわし」という意味を込めて
それにした。
わしみたげに変な名前じゃろぅ^m^イシシッ
[PR]